ご予約お問い合せは048-266-1540

差し歯(被せ物)

大きな虫歯や深い虫歯の場合、審美歯科・美容歯科治療を主訴とした場合には、歯を大きく削って差し歯を被せる事になります。(歯の根の治療・神経の治療が必要となる場合には、その治療後に差し歯を被せます。)

当院のさし歯(被せ物)治療

差し歯(被せ物)の素材には、セラミック、ハイブリッドセラミック、金、銀、樹脂と様々な種類があります。患者さんと相談の上、最適な差し歯(被せ物)をご提案させて頂きます。

● オールセラミックについて

オールセラミックは生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えます。オールセラミックを使用した治療の一番大きな特徴は、体にやさしいセラミックのみを使用しますので、金属にアレルギーのある患者さんにも安心してお使い頂けると言う事です。歯の色はに天然歯に合わせる事ができ、光を透過する性質を持っていますので、とても自然な仕上がりです。

● メタルバッキングセラミック(メタルボンド)について

金属とセラミックを張り合わせたさし歯の事を指します。金属フレーム(土台)の上に、セラミックを焼結させた構造です。自然の歯に近い色や形、歯並びを再現できます。長期間お使いになられても、色が変わると言った変色の心配もありません。

● ハイブリッドセラミックについて

レジン(プラスチックみたいな物)に、セラミックスフィラーを配合した素材で製作されたさし歯をハイブリッドセラミックスと呼びます。この素材は、セラミックに比べ軟らかいので対合歯との当たりがソフトであり、破損した時でも修復が容易に行なえます。しかし軟らかいだけに、対磨耗性(磨り減り)はセラミックにかないません。また吸水性がある事から、セラミックに比べて汚れや細菌が付きやすく、長期間お使いになると変色を起こす場合があります。色は歯の色に近い色に合わせる事ができます。

● ゴールド

18K相当の金素材を使用しますので、とても適合がよく、むし歯が再発しにくいく、金属アレルギーも起こしにくいです。色は金色です。

● 銀

銀歯と呼んでいますが、12%パラジウム合金で健康保険適用の金属です。
一般的に健康保険にて治療を行う場合の素材です。他の素材と比べてる、虫歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなると言えます。色は銀色です。

 



▲トップに戻る


お問い合せは、048-266-1540まで


さし歯:埼玉県川口市芝新町・蕨駅近くの歯医者さん、歯科・旭歯科医院