PAINLESS

痛みを和らげる「無痛」へのとりくみ

歯医者と聞くと、「怖い」「痛い」といったイメージからどうしても敬遠される方が多くいらっしゃいます。しかし、嫌だからといって虫歯や歯周病を治療せずに放っておくと、進行してさらに重症化。身体的にも経済的にも大きな負担がかかってしまいます。
当院では、歯医者に対するマイナスのイメージをプラスへと塗りかえ、患者さんにかかる負担を極力少なくするために「無痛治療」を導入しています。痛みを感じにくくなり、リラックスして治療が受けられるので、歯医者が怖い・嫌いという患者さんにおすすめです。

表面麻酔

ジェル状の表面麻酔剤を塗る事で、注射針を刺す際の痛みを軽減します。バナナ味の薬剤を使用しておりますので、お子さんにも安心です。

体温近くまで温めた麻酔液

冷たい麻酔液が体内に入ると、体温との温度差で、痛みとして感じてしまうことがあります。
当院では体温近くまで温めた麻酔液を使用しております。

電動麻酔器

麻酔液を注入するときは一定の圧力で少しずつ注入すると痛みがありません。当院では麻酔薬の注入の電子制御が可能な麻酔器を使うことで、痛みの軽減を行っております。

笑気麻酔

笑気麻酔とは鼻から笑気ガス(酸素と笑気)を吸引して、不安や恐怖心を和らげる方法です。ほんわかとリラックスした状態になり、安心して治療が受けられます。
ガスは安全で、すみやかに体外に排出されますので、副作用の心配もありません。保険適応です。

ページトップへ